カード料金の口座引き落とし遅延が多発する・・・支払いの踏み倒しをするまではいかなくともカードカード請求金額の支払い日において通帳残高が不足していて費用振り替えができない事象がやってしまうような時には、クレジットカード会社により『ずっと資金不足であると推測できる』と予測してくるために強制没収といった事態になってしまうケースもあります。財力は足りるだけあるがつい振り替え不可になった・・・なんていう行為を繰り返していても、カード発行会社からしてみれば信用の置けないクレカ会員という判断になることがあるために借入をしているかそうでないかに関わらず失効という処理がされる場合があるのでために十分注意しましょう金銭にだらしのない会員への採点は良くはないのです。さらに言うと、一度でもカード請求額の引き落としができないケースが起こるとクレジットカードの利用期限切れまで利用できても以後の更新ができないケースということがあります。そのくらい重大なことなのだと認識して、約定日をどんなことがあっても忘れることのないようにするべきであると思います。カード現金化というものを使ってしまう》カードのキャッシング額がすでにオーバーしてしまい、これ以上消費者金融からもキャッシュを入手できない際に、現金化と呼ばれるようなクレカのショッピング限度額を使った方法などを使用してしまうと、その事実によりクレカが強制没収になるケースもあるようです。元を正すとカード発行会社というのは規約において現金化を目的としたクレジットカードでの買い物については許容していないため、クレカの現金化を目的とした利用=違反=失効などということになってしまってもおかしくはないのです。軽く考えてお金が必要だからといってキャッシュ化を利用してしまうと、ローン残高について全額支払い請求等を受けてしまう事例が存在するようなので、絶対使わないようにしていただきたいのです。