カードをお店において利用する時に、みなさん感じたことがあるかと察しますがレジの人がわからないためにどのレシートを利用者の方に渡すのか迷うことがあるはずです。クレカを利用すると、の方から3枚1組の利用レシートというものが発行されるからで、このレシートのうちどの明細をお客さん側へ差し出すべきか迷うというケースがあるのです。3組綴りの紙の意味>3枚1組の明細の内容とはいかなるものかについてまとめると以下の記載の通り。1利用者に保管して頂く利用明細。2店舗で保管する利用レシート。3カード会社保管用明細レシート(記名を書く紙)。本来は絶対客に渡すべき利用レシートをもらうはずですが、時には店舗控え用の明細レシートの方をカード利用者に対して見間違えて渡すようなパターンの他署名をした方のレシート自体を渡すようななどという大きなミスすら存在するのです。このようなパターンはアルバイト従業員に対してやさほどクレジットが使われるケースの少ない店舗の会計において提示すると、このようなレジ担当者の動揺というものが体験できるだろう(笑)。今後店舗スタッフが誤った利用レシートというものを提示して際には、やさしく「こちらじゃありませんよ」などと正して上げて欲しい。