破産認可を受けたときにどういう種類の不利益が存在するかは、自己破産申立を検討してみた方達にとって疑いなく初めに欲しいデータだと思われます。これから破産宣告者が避けられない不便について内容を箇条形式にしておきます。・公共の破産者一覧に記録されます。※正当な身分書を作成するための文書だから一般人はチェックすることが無理ですし免責の決定がおりれば取り消しになります。・官報上で掲載される。※普通の新聞とは異なり通常の本屋では置いてありませんし、一般の方々には関係のないことであると言えるでしょう。・公法上におけるライセンス制限。※破産認定者になったときは法曹、CPA、税理士などといった資格保有者は資格停止になるので作業が不可能になります。・私法上でのライセンス限定。※破産認定者は成年後見人、遺言執行役になることが認められません。それだけでなく合名会社、合資で立ち上げた会社の労働者などと株式の会社、有限企業の取締役、監査役の人は退任根拠となります。・カードローンやクレジットサービスを活用することができなくなります。なお、破産管財人ケースには次の制約も追加されます。・本人の持ち物を所有、排除することができなくなります。・債権保持者集会の呼び出しを受けて必要な回答をすることが求められます。・法の許しがないと住む場所の転居や長めの旅をすることは許されません。・司法が必要と許可した場合には身柄を捕らえられる場合が存在します。・配達物は破産管財をする人に配達され破産管財をする人は転送された配達物を開封権限があります。まだ書いていない破産した方の不利益に関連した一般人に誤認されている要素を箇条にします。1戸籍情報そして住民票には記述されません。2企業は破産を原因として解雇することはできません。※普通、破産者から伝えないかぎり会社に伝わる可能性はないでしょう。3投票権や被選挙の権利などの基本的権利はそのままです。4保証者でなければ近親者には肩代わりする責任はないのです。5必要最小限の毎日の生活に必要な家財一式(コンピューター、TVなどを含む)服などは差し押さえ範囲外です。自己破産した人の困難に関する項目をリストアップしました。破産の申し立てをするのなら債務は免除になるとはいえども、今まで挙げた不便性があります。破産を行う上で、効果も困難真面目に検討した方がよいと考えます。