自動車重量税、通称重量税とは国産メーカーの自動車でもイタリア車等愛車の生産している国やハイブリッドカー、セダンという自動車のタイプも例外なくレクサスやアルファ、等でも普通に納付しなくてはいけない税金のことをいいます。新車を登録する時もしくは車検の時に納税が必要な税金です。支払金額はそれぞれのクルマの重量で決められています。「自動車重量税」と「自動車税」はまったく違う税なので、きちんと理解をして間違えないようにしてください。「自動車重量税はウエートにより」「自動車税というものはクルマのリッター数で」税額が変わってきます。買い取りの際の扱われ方違いますし、注意しなければなりません。クルマを手放すときには支払い済みの車の税額がどれだけ残っていてもその金額が還付されるということはないです。一方で、自動車税であれば、既に支払った残存税額を買取額に乗っけてくれることがありますが、重量税に関しては上乗せされる事例はほとんどないといえます。重量税の場合はすでに支払った税額が残っているとはいえ中古車の買取業者の方でそれが考慮されることは少ないものなのです。ですので次回の支払い要は次の車検まで売却を保留し買い取ってもらうという手法が無駄は少ないです。売却の時は還付の対象にならない重量税でも、特別なケースでしたら還付していただけることがあります。このケースは車検が残ったままの車を廃車にしてしまう際です。つまり、抹消登録をした際に残っている車検期間に応じて額が返ってきます。しかし、車の買取の際はその車が廃車されるのとは違うので戻ってきません。それに、自動車の名義変更をしてしまった際や、盗難された時なども返金してもらうことはできません。自動車重量税の残存期間がある自動車を売却するというのは車検期間がまだある自動車ということになります。その辺りを店側も計算に入れますから重量税の残存期間があれば、それなりに買取額が上がるでしょう。勿論売却額は店により違ってきますが、車検期間がまだある事実が考慮されれば手放す車の買取額と比べるとそれほど払い損ということもありません。