車を買い取ってもらう際、また中古車の売買のさいも印鑑証明書がなければなりません。それではこの印鑑証明について解説しましょう。印鑑証明とはある印鑑に対して、それが実印として効力を持つということを保証する目的を持つ正式な書類です。印鑑証明書がない場合には、その印鑑に関して実印であるという事実が保証できません。大金が動く取引になる中古車の売却ですから実印が要ることになりますがその時に印鑑証明が必要となるのです。役所で印鑑証明をつくるには、発行前に印鑑証明する必要があります。印鑑証明書に登録する印鑑は普通、実印と呼ばれ、世界で唯一のハンコである必要があります。実印を手配して、お近くの役場へいけば、印鑑登録の手続きができます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードというものが交付され、登録した判子は実印になったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには役所の受付へ出向き専用の用紙に必要項目を埋めて印鑑登録カードを持って行く必要があります。さらに、自動交付機でも印鑑証明書を発行することができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。ですから、いつの印鑑証明であろうが証明書としての効力は続くのです。ただ自動車買取の際には、印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。普通は期限を定める必要はないですが車買取の際には買い取り先の業者が必須となる有効期限を定めていますので車両の売却を考えているとしたら、事前に持っておくことが望ましいです。