初心者向けのFX投資の雑誌では、「マイナスになったケースではナンピンすることで全体の価格を低くする事が出来る」等記述されていると思いますが、現実にはナンピン買いには相当の危険があります。自分に合うパート

まず、ナンピン買いの方法について手短に述べます。岐阜県の布団クリーニング※損したくないよね

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。モビットのおまとめローン審査落ち相談室

$(ドル)買いですので円安ドル高になるほど利益が出ますが、不幸にして1ドルが95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。http://www.etudes-environnement-france.com/

このままの場合維持し続けたとしたら、損失が戻るためには、マイナス分、円安ドル高が進まなければならない。

みんな、損は可能な限り早く取り戻したい考えるでしょう。

このため最初にエントリーしたのと同じ額の$(ドル)を、1ドル95円で取引します。

それで、ポジションの価格は97円50銭まで下げることができますこの結果、半分の幅で円安に推移すれば、損を回復する事ができます。

これが、ナンピン買いのやり方です。

このとおり、ナンピン買いの理屈を理解すると、「なるほど」と考えたりするが、相場はそう容易には問屋を卸しません。

初めから、1ドル=95円が下値だということなどわからないのである。

もしも、市場が強いドル安基調だとしたら95円ではとどまらず、一段の円高に向う確率はあります。

例として、97.50円でナンピン買いをして、1ドル=95円まで円高ドル安になったとしたら、ナンピンしたポジションにも差損が生じることになってしまうのである。

その状態では、初めに持ったポジションとあわせて、損が生じる事になります。

それほど、ナンピン買いは難解です。

では、市場が自らの台本とは反対にすぐに向ってしまった場合、どういう方法で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。

ここで選択する道は2つしかありません。

ひとつは観念して損切りをすること。

もうひとつの方法としては、その段階で、自分か所有している買いポジションを小さくする事によってもう一回外国為替市場が元のようになるのを待つ事です。

だいぶ後ろ向きな術だとみる投資家もいるでしょう。

けれども、自分が保持しているポジションに損失が出た時、最も効果のある方法はこれ以外にはありえません。

無論、理屈の上ではナンピンを入れるという手段もあるように思える。

しかしナンピン買いはあなた自身が損失を出している場面にもかかわらず、ポジションを減少させるどころか、ポジションを積んでいく方法である。

この方法では、危険を避けることなど、どこをどうやっても可能ではないと思うべきです。

ナンピン買いをし続けられればその内損失が回復するかもしれません。

けれども、そうなる前に投資資金は不足してしまいます。