事故が起こった時自分が被害者であったとしても相手方が過ちを少しも受け入れないことは数限りなくみられます。75-10-50

例をあげれば、意図的に起したのではなく不注意で乗っていた車を当てられたケースでこうした争いにつながってしまう場面がありそうです。75-19-50

かといって、その場で物損とされ時間が経って自覚症状が出た時に、病院の診断書を警察署に出すということは対応が遅れる事は否定できません。75-15-50

それなら、自動車事故の過失割合の確定にはどういう認定基準があるのでしょうか。75-7-50

正しく言いますと、警察が決定するのは、主として自動車での事故の大きな落ち度があったのはどちらのドライバーかという責任の所在であって過失の割合というわけではありません。75-17-50

さらに、決められた事故の責任者が警察署から明らかにされる事は事態は全くありません。75-9-50

従って、過失割合は両者のやり取りにより明確にされその結果が事故の賠償の基準になる訳です。75-6-50

この際に、互いが任意の保険に入っていない時には、お互いがじかに相談をせざるを得ません。75-13-50

当然そういう調整では、短絡的な言い合いになる危険性があります。新谷酵素 便秘

まして、互いの言い分が平行線をたどれば万一の場合、係争にまで進みますが、長い年月とお金のかなり大きな損害は避けられません。75-12-50

それにより概ね、各々の運転手に付く自動車の保険会社、こういった各々の会社に相談を委任する手立てで、ちょうどよい割合を慎重に結論付けさせるのです。

そういった時自動車保険の会社は、それ以前の自動車事故の裁判によって導きだされた結果から算定した判断材料、判例集などを基に推定とやり取りによって割合を算出します。

そうであっても、事故の場合では、遭遇してしまったのか起こしたのかに関わらず、真っ先に警察に電話するのが重要です。

その後で自動車保険の会社に連絡を取りこの先の対応を任せるのが手順になります。

状況に応じた順番さえ知っていれば互いの建設的でない水掛け論となる事を回避できるに違いないのです。


75-5-50 75-8-50 75-4-50 75-16-50