ローンのあるクレカの解約をするときも注意〉分割払いまたはリボルビング払いキャッシング枠といったローン残高への支払いが果たされていたい状況で機能停止という行為を実行すると、当然のお話とも言えますがクレジットカードの使用取りやめとともに未返済金の全額の支払いを促される場合もあります(払い戻しが終了していない金を使用取りやめを行ってしまいたいというなら一度にお金を戻してくれと言われる)。磁北 方位

申請時点でのフトコロ事情に余剰がすぐに使える形で存在する場合において即座に解約するのであれば差し支えはないけれども余裕があまりないときにこのような機能停止という行為をしてしまうのは飛んで火に入る夏の虫に違いないとも言っても過言ではないのですから精算が終わってからクレジットの使用不可能化を行うように気をつければ安全だろう。レモンもつ鍋

契約失効手続きの時点で果たしてどれくらいそのカードを買い物に使って支払うべき金額がどれくらいかをきちんと見極めた後で無効化するようにして頂きたいと思います。LINEモバイルの評判と速度

使用取りやめのための代金の必要なクレカもあることに注意:2010年現在、とても特別な状況に限られてはいますが、稀にカードでは使用不可能化上のマージンなどという費用が必要になってしまう場面があるのです(ある種のVISAカードのみ)。スリムフォー口コミ

相当特異な条件でのみ起こりうるからあまり悩まなくても良いと言えますが、契約してから一定の期日より前の時期において解約するようなような状況などに機能停止上の必要経費が要求される仕組みになっていることもあり、上記のような解約手数料を払い渡したくないという意向をお持ちならば、特定月数をカレンダーにでも書き込みしっかりと期限を過ぎてから機能停止するようにするようにしてください。バイタルアンサー成分

ちなみに、心配しないでもらいたいことですが、このような状況は使用不可能化を希望した場合に社員側を通じて通知か警告のようなものがぬかりなく伝えられるはず。

何も報告無しに解約にかかる金額に類するものが引かれてしまうというハプニングはあり得ないようなのでまずは契約失効手続きをコールセンターに申し出てみることで、自分が所有しているカードに無効化手数料が必要か不必要か問い合わせてみて欲しい。