現状ではこの上なくまれにある時を除外して金券ショップでクレジット払いができる場所など存在しないのです。

そのような原因で、MasterCard、Diners clubなどの商品券を活用した直接でないカードの場合はろくには実際には用いるということはできないだと思われます。

それならどういう方法を使うと直接商品を買うのでないカードが出来るのでしょう?というとその方法とは今流行りの電子マネーという名前のEdy(エディ)、Webmoney、またはnanacoなど。

電子マネー活用して直接でないクレジットをやる事ができたりします。

PASMO、iD、とかSuica、VISA Touch、nanacoなどはクレジットで買うという事が可能な券■PASMO、Smart Plus、とかVISA Touch、nanacoなどに慣れていない人たちからしてみると、自然とレベルが高い感じを思い描く可能性があるかもしれないですが、このような電子マネーという物はいうなればただの金券です。

Diners clubなどの金券とまるっきりズレはないのです。

その上それらの電子マネーというものはカードを使って簡明に買い入れすることが可能なのが便利であるのです。

またこういう電子マネーはこのところ、ネットショッピング始めとして駅ナカや様々な飲食店等々といった場所でも用いることが可能なようになっているようだ。

「当ショップではクレジットはご使用にはなれません」という風に表記していた店においてもEdy(エディ)、Webmoney、であったりVISA Touch、nanacoなどなら運用できるケースがたくさんあるのです(クレジットカードポイントが多く貯まる)。

要するにクレジットカードが扱われていないショップで直接的でなくクレジットを使うやり方で、クレジットポイントを得てしまおうという方法です。

いつも通り買い物をエンジョイする限りでは得られないポイントなため、是非とも活用する事をやってみてほしいです。